• 2020/5/4
chico nursery

保育料について(現在休園中です)

【お知らせ】
*練馬区在住の方は、区から月極保育料の補助金が出ます。
無償化の給付とは異なり、非課税世帯に限らず0歳~3歳児クラス全世帯に、40,000円~67,000円毎月給付されます。
また保育認定がなくても支給されますので、共働きでなくても集団生活を経験させたい方や、同世代の子どもの交流の機会を増やしたい方など、保育園入園に興味のある方はぜひご連絡ください。
(無償化給付金は保育認定が必要です。)
詳しくはこちら

*月極保育のお友だちを2名募集しています。
詳しくはこちら

*お家購入は「レイル」で!
一時預かり料金が最大2万円までキャッシュバックされます。
詳しくはこちら



chico nurseryの月極保育料について「よく分からない」「詳しく教えてください」と言ったお声をよくいただくので、下記にまとめました。
チコナーサリーの月極保育入園をご希望の方、興味のある方はお読みください^^
一時預かりについてはこちら

チコナーサリーの保育料は1ヶ月あたり62,000円で、これは0歳児クラス~3歳児クラスまで同額です。
(0歳児クラスのお友だちは、満1歳を迎えていて、歩行ができ、幼児食を食べているお子さまに限らせていただいております。)
給食費は1ヶ月あたり8,000円です。

チコナーサリーは令和元年12月1日付で、「国の基準を満たす証明書」が発行されており、この証明書は、認可外保育施設として、建物の基準や保育士数を満たし、質の良い保育を行っているか、適切な書類が記録されているなどなど、細かいチェックをクリアした園のみに発行されるものです。

この「国の基準を満たす証明書」が発行されている保育園に通う、練馬区在住の方には補助金が出ます。
※残念ながら西東京市や新座市在住の方には出ないようです。

補助金の金額はこちら。
☆0~2歳児クラス
第一子は40000円
第二子は54000円
第三子は67000円

☆3歳児クラス
57000円

例えば・・・
・1歳児クラスに通う、第二子の子どもの場合、保育料62,000円−補助金54,000円+給食費8,000円=16,000円
・2歳児クラスに通う、第三子の子どもの場合、保育料62,000円−補助金62,000円+給食費8,000円=8,000円
(第三子の場合の補助金は67,000円ですが、保育料金が上限となります。)
・3歳児クラスに通う、第一子の子どもの場合、保育料62,000円−補助金57,000円+給食費8,000円=13,000円

となります。

※0~2歳児クラスの非課税世帯の方は無償化対象にもなるので、毎月67,000円の給付を受けられます。
(無償化42,000円+補助金25,000円=67,000円)
よって月々の負担額は給食費の8,000円のみとなります。

※3歳児クラスからは全世帯が無償化の対象となります。
(無償化37,000円+補助金20,000円=57,000円)

認可外=高い、というイメージがある方は多いと思いますが、こう見てみると、通いやすい金額ではないでしょうか?
また保育料と給食費は、毎月15日にお支払いいただいていますが、あらかじめ給付金を差し引いた金額のみを頂いています。
「後日給付だと、手持ちのお金が少なくなってしまい、生活費が・・・」といった心配もありません^^

また認可外は、保育士資格を持っている人が少ない、子どもの受け入れ人数が多すぎてゴチャゴチャしている、などとマイナスのイメージを持っている方も多いと思います。
ブログを読んでくださっている方はご存じだと思いますが、チコナーサリーは職員全員資格と経験があり、受け入れ人数は国が認めている数の約半数におさえています。
スタッフ紹介はこちら

資格と経験のある職員が、ゆとりをもって毎日の保育にあたっているため、チコナーサリーの雰囲気はいつも家庭的でアットホームです。

今は休園中ですが、再開したらぜひ見学にいらしてくださいね^^

ブログの種類